Medical語らNight!! 第24回放送

さぁさぁ見てらっしゃい聞いてらっしゃい!
2011年第3クール突入だよ~~♪
火曜日連合もパワーUPし、一層気合いの入る第24回放送でした♪
あっ、最後にすごいお知らせが2つあるよ!!

<オープニング>
今週は「ノーベル賞Week」。それはいいんですが、
2つ隣の建物にいらっしゃる某Y教授(iPS細胞の人ね)を取材しようと
報道陣がてんこ盛り。それはいいんだけど、通行の邪魔をしないでよ……。

<Medical語らNight!!>
今回のご質問は語らネーム=kirakiraさんより頂きました。
乳がん検診の案内が届いたんですが、こういう検診とかって
 どこまで意味がありますか?
」とのことです。
今回はこの第1弾と致しまして、「乳がん検診」を取り上げてみたいと思います。

というのも、10月は「ピンクリボン運動月間」なんです!
みなさん、ご存知でしたか?
乳がん検診を受けて、早い対処をしようという意識を
もってもらうための1ヶ月。東京タワーや京都タワーも
10/1にはピンク色にライトアップされました

ちなみに、ピンクリボン運動のバッジというものもあります☆
1つ500円なのですが、綺麗なんですよ♪人工オパールが埋め込まれ、
乳がん対処と幸せを願うバッジです。今月は僕もこのバッジをつけて
放送しております!多めに購入しておきましたので、ご興味が
おありの方はfmGIGまでお問いあわせをお願いします☆
ちなみに、京都ではWings京都というところで購入できますよ~♪

さて、そんな乳がん検診ですが、基本的には2~3つの検査を行います。
1)視触診
2)マンモグラフィー
3)超音波(=エコー)

このうち、1)のみではがん救出率は上がらないので、必ず2)を行います。
「痛い」とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、最近はだいぶ改良が進んで
いますので、躊躇なさるかたも一度チャレンジして頂けたらと思います。
3)はお手軽ですし、がん以外の病気もある程度見えるのですが、医師に
かなりの技量が必要なのでちょっと注意です。。
そして、男子諸君!パートナーの胸を一番客観的に、かつ良い頻度で
チェックできるのは貴方だけなんだ!!
自分の大切な方を守るために、きちんと問題意識を持ちましょう


最後に、乳がんは25歳から罹患率が上昇し始めます!
各自治体でも若い人の検査を奨励しているところも多いので、
各自治体に問い合わせて是非検査に行きましょう♪

追加の質問なども、お待ちしていますよ!



<いざ!審判の刻!!>
第2問はちょっと簡単だったのもあり、応募が前回より増えました!
正解者も増えました!!パチパチ…☆
コメント欄(非公開もOK!)でも受け付けておりますし、
お気軽にコメントにお書きくださいな☆

もちろん、メールでも受け付けております。タイトルに「審判」と書いて
ぜひご応募ください☆

まずは前回の問題の解説から…。
第02問:あなたはある入院患者のお見舞いに来た友人です。病棟を歩いていると、
    廊下で苦しそうにして前かがみになっている患者を発見しました。
    あなたが「まず一番にするべき行動は?」
A 大声で人を呼ぶ。
B 付き添いの人を探す。
C 「どうしましたか」と声をかける。
D 抱えて病室に運ぶ。
E ほっといて見舞いに向かう。

…という問題でした。この問題、正解はCなんですね。
まずは「意識があるかどうかを確認」してあげることが大事です!
意識がなければAで人を呼んでください。
意識があればBで親しい人を探したり、その人のためになることを
してあげるのがいいでしょう。
正解者:シェリーさん(1)、曽我未知子さん(1)、kirakiraさん(1)、
    いれないなれいさん(1)、しゅがぁさん(2)
【()内は累積正解数】

では、今回の問題です!
第03問:あなたは研修医です。入院中の21歳の異性は
    以前からあなたに強い好意を示していました。
    ある日の診察後、その方に手を握られ少し潤んだ目で見つめられました。
    適切な対応はどれ?
A 「やめてください」と注意する。
B 黙って手を振り払う。
C じっとしている。
D 「どうされましたか?」と聞く。
E 強く握り返す。

…あま~~~い誘惑、あなたならどう対処しますか?
では、皆様からの回答をお待ちしております♪

<語らNight!! of Cutting Edge>
Cutting Edge1=世界の最先端をご紹介するこのコーナー。
世に出て1週間以内の「鮮度の高い」論文を中心に、
聞くだけでサイエンス通になれるコーナーです!
今週は「ノーベル賞Week」!ということで、
2011年ノーベル医学・生理学賞を受賞された
ブルース・ボイトラー先生、ジュールズ・ホフマン先生
そしてラルフ・スタインマン先生の受賞理由を解説しました。
ボイトラー先生とホフマン先生は、抗体が出来る前の免疫機構
「自然免疫」に関わる遺伝子「Toll」を発見された先生です。
そして、皮膚の中で「外敵を食べてそのカケラを他の免疫細胞に
見せ、いわゆる「指名手配」状態をつくる専用の細胞」として
「樹状細胞」を発見されたのがスタインマン先生です。
スタインマン先生は実は受賞3日前の9/30にお亡くなりになっているという
予想外の事態でしたが、ノーベル賞の選考委員会は特例として
授賞を決めたようです。

この「Toll」という遺伝子の働きを発見した
大阪大学の審良(あきら)静男先生が漏れたことは非常に残念でなりません。



<エンディング>
今回の『共通テーマで一問一答!』お題は
10月は神奈月。でもこんな時にしたくなるのが神頼み。
 貴方の『神頼みエピソード』、教えてください!

…ワタクシは何といっても「受験」ですかねぇ。
中学入試と大学入試は「通った」という確証が持てず、
神頼みしながら発表を待っていた記憶があります。


さてさて、最初に書きました通り、
ここで重大なお知らせが2つ!!

1) 来週火曜日はfmGIGジャックをしますっ!!
何と、19:30~20:00生放送『ありさのOn The Line』さん、
そして21:00~23:00生放送『ムーンライトブレイク火曜 K☆G Vai Pass!!
さんに出演させていただけることになりました~~~!!
さて、どうなるかな(笑)特に『ありさのOn The Line』さんは
「雰囲気を壊さないように」頑張らねばなりませんねっ(@_@)

2)『Medical語らNight!!』再放送枠決定!!
今クールより、この『Medical語らNight!!』再放送が決定しました!!
拍手~~!!その枠は、なんと
毎週日曜日21:30~22:00だ! 聞き逃した方は、この再放送を要チェック♪
特に、<いざ!審判の刻!!>の問題は聴き直してメールを送れるから便利ですね~~☆

というわけでますますPowerアップ+テンションUPで頑張ってまいります♪

番組へのメッセージ、質問などは
mail☆fm-gig.net (☆を@に変えてね♪)
までお願いします♪

『Medical語らNight!!』どうぞよろしく☆
[PR]
by akky_kimimachi | 2011-10-06 10:21 | ラジオ情報
<< Medical語らNight!... Medical語らNight!... >>