Medical語らNight!! 第38回放送

新春初笑い企画から早1週間、
ハートを鍛えて帰ってきたリアル・ブラックジャックが
その準備の楽さを噛み締めながら放送した
第38回放送のまとめです☆


<オープニング>
寺町御池という交差点をを南下したところに
お店を構える「民族楽器コイズミ」さん。
そのお店で、8日(日)の夕方からインド古典楽器に関して
プロの無料ライブ&実際に体験ができるイベント
【Namaste Time vol.3】が開催され、そこに参加してきました!
独特のリズムと響き、Popsなどのスケールとはまた違った感覚の
ソロなど、見どころ満載で楽しい時間を過ごしました
☆彡
そのプロの方々やスタッフの方なんかともちょっとお話できたので、
もしかしたらゲストに来て下さるかもしれませんよ??
これは乞うご期待♪


<Medical語らNight!!>
今回のお題は前回の続編です。
語らネーム=たなっちさんからのご質問、
胃炎や腸炎の原因は?」です!
ということで、今回は腸炎の原因と対策についてです。

一番頻度が高いのは「急性腸炎」。
基本的には感染性か非感染性かに分けられます。
感染性はもうお馴染み、風邪やインフルエンザ、
それから食中毒もありますね。今季のノロウィルスなんかは
予想以上に強く、かからないためにも
「しっかり加熱した食品を食べる」「手洗いなどは万全に」
など、基本的なことをしっかり抑えましょう。
ここで感染症対策のプロである霧尾さんから補足が。
もしノロウィルスに衣服や床などが汚染されたと思ったら、
塩素系の洗剤で洗えばある程度処置できる
と頂きました。
塩素系の漂白剤などでもいいのですが、ウィルスはその種類に関わらず
塩素には弱いんです。(理由は話せば長くなるので説明できるときに)
なので、これは豆知識として知って頂くといざというときに
役に立ちますね♪

次回は語らネーム=DACOさん
(土曜25:30~『だらだらしちゃうよね』絶賛放送中)
より頂きましたご質問
「お金をかけずにタバコを辞める方法は?」です。
実はこの質問、2011/11/27の火曜日連合トーク&ライブ@音やさん
で頂いた質問でして、その時は「無理!」の一言で
終わらせるつもりだったんですが(笑)、そういうわけにもいかんので
「できるだけお金をかけずにタバコを辞める」で
お話しましょうか…。


<いざ!審判の刻!!シーズン2>
前回、とうとう10問正解達成者が誕生しました!
ということで今回からは新シリーズ、シーズン2です♪
今までの正解数も全てリセット!1からやりなおします♪
そして問題も大幅リニューアル☆彡
前シーズンは医師国家試験やプレと呼ばれるCBTの問題から出題でしたが、
シーズン2は「医学トリビア」からワタクシが問題を作成します☆
なので、「5択とは限りません」!
ぜひぜひお気軽にご回答を♪
コメント欄(非公開もOK!)でも受け付けておりますし、
お気軽にコメントにお書きくださいな☆
もちろん、メールでも受け付けております。タイトルに「審判」と書いて
ぜひご応募ください☆ そして今回のプレゼントは
まんがで医学の歴史を勉強できる本にします♪
ふるってご参加下さい♪

では、シーズン2を代表するこんな1問からスタートです。

第01問:次の「ポケットモンスターシリーズ」登場キャラクターのうち、
人間にも存在するタンパク質の名前の由来となったものはどれ?

A 最初に出会うポケモン「ピカチュウ」
B シリーズ第1作より登場する幻のポケモン「ミュウ」
C その存在が3年間も隠され続けたポケモン「アルセウス」
D 通常プレイで色違いをゲットできるポケモン「ギャラドス」
E いやいや、モンスターよりトレーナーでしょう、「サトシ」

…正解はA! 胎児の時期に、網膜の細胞と神経とをきちんと整列させて
上手く機能できるように誘導するためのタンパク質として、
大阪バイオサイエンス研究所の
古川貴久研究部長らのチームがマウス実験で突き止め、
ピカチュウにちなんで「ピカチュリン」と名付けられました。

【正解者】ぺんたさん(1)単独正解!!
今回は多くの方にご回答頂きましたが、
幻の「ミュウ」に引っかかった方が多かったようです><

まだまだ序盤戦、誰にでもチャンスはあります♪
というわけでお次は歴史に関する問題です。

第02問:「神経」という日本語を作った人物は次のうち、誰?
A この方の脳神経もすごかった「聖徳太子」
B 一休さんとの熾烈なバトルを繰り広げた「足利義満」
C 茶道の精神を築き上げた「千利休」
D 『解体新書』で日本に医学を導入した「杉田玄白」
E 陸軍軍医だけでなく小説家としても名を馳せた「森鴎外」

…結構ストレートに考えたほうがいいかもしれませんね。


<語らNight!! of Cutting Edge>
Cutting Edge1=世界の最先端をご紹介するこのコーナー。
世に出て1週間以内の「鮮度の高い」論文を中心に、
聞くだけでサイエンス通になれるコーナーです!

今回は「がんを抑制する薬が実は存在していた!?」というお話です。
がんは効果的な治療薬がまだ無いことでも有名ですが、
ある薬を飲んでいる人ががんにかかる率が25~40%も
低くなるというデータが出ました!それは、
メトフォルミン」という2型糖尿病への治療薬の1つ。
実はこの薬、細胞に影響してインスリンの効果を調整し、
血糖値を下げる薬なのですが、細胞が通常よりも早いスピードで
分裂するために莫大なエネルギーを必要とするがん細胞にとっては
メトフォルミンによって血糖が下がることでエネルギーが枯渇し
大ダメージを受ける
という仕組みのようです。
ただそれだけでは説明がつかない部分があるので更なる研究が
求められていますが、これが誰にでも使えるようになると
がんの発生率が大きく下がることになります☆彡
続報に期待ですね♪


<エンディング>
今回の『共通テーマで一問一答!』お題は
毎日寒いですが体調管理してますか?風邪の予防策、教えて下さい!」です☆
…これ他の番組ならともかく、ハードル高いよ~~><
とりあえず、風邪対策の行動目的は2つです。免疫を上げるか、菌自体を減らすか。
手洗いは後者ですし、うがいは基本後者ですが
喉の粘膜をしっかり濡らすという意味では前者も含まれます。
免疫を上げるにはビタミンCを多く摂取したり、よく睡眠を摂ったり、
体温を下げないよう工夫したり、とあります。
ここで普通のうがいに関して補足、うがい薬の選び方です。
うがい薬には大きく2種類あります。
ヨード系(イソジンetc)とアズレン系(アズールetc)です。
ヨード系は殺菌力が高いのですが、逆に粘膜も傷めます。。
アズレン系は殺菌力自体は0なのですが、粘膜の免疫力を高めます。
喉で菌が繁殖して白くなってない限り、
アズレン系がおすすめなんです
ね♪
また、菌自体を減らすには鼻うがいもあります(薬局で専用液を売ってます)が、
あまり誰もが気を付けてないだろうと思うのが
「ペットボトルのお茶やジュース」です。1回でも飲んで
そのまま数時間放置するだけで菌は繁殖してしまいます。
できるだけ飲みきるようにしましょう


ここでお知らせです☆

『Medical語らNight!!』再放送枠決定!!
今クールより、この『Medical語らNight!!』再放送が決定しました!!
拍手~~!!その枠は、なんと
毎週日曜日21:30~22:00だ! 聞き逃した方は、この再放送を要チェック♪
特に、<いざ!審判の刻!!>の問題は聴き直してメールを送れるから便利ですね~~☆


というわけで次回からは通常の
リアル・ブラックジャックに戻ります
リアル・ブラックジャック度+テンションUPで
「これぞ君待明雄の30分だ!!」と楽しんで頂けるよう、頑張ってまいります♪

番組へのメッセージ、質問などは
mail☆fm-gig.net (☆を@に変えてね♪)
までお願いします♪

『Medical語らNight!!』どうぞよろしく☆
[PR]
by akky_kimimachi | 2012-01-12 11:04 | ラジオ情報
<< Medical語らNight!... 2012年 新春初笑い企画終了... >>