Medical語らNight!! 第56回放送

もう5月も後半です。
そろそろみなさん、5月病は払拭できましたでしょうか?
えっ、まだ??
まぁそんなことは言わず…というくらいに
怒涛の喋繰りを展開した
第56回放送のまとめです♪


<オープニング>
金環日食直後回ということで、気になるニュースをご紹介。
日本眼科学会の発表によりますと、
金環日食から1日半ほど経つまでに日本全国で100名以上の方が
眼科を受診された
とのことです。
もし目に異常があると思ったら、迷わず受診なさってくださいね。


<Medical語らNight!!>
今回のお題は語らネーム=野良野良猫さんからのご質問、
寒冷蕁麻疹になったみたいだけど、どうしたらいい?」です。

ということで、まずは「じんましん」の基礎をおさらいです。
じんましんの最大の特徴は「24時間以内に消失する」ことです。
ですから、症状が発生して1日経っても治まっていなければ
アレルギー反応(あるいはほかの皮膚炎)を考えなくてはなりません。

そして、次に大切なのは「本当にその刺激が原因なのか?」ということです。
特に「寒冷蕁麻疹」や「日光蕁麻疹」は原因が触れないものなので
分からなければすぐ当てはめたくなりますので要注意。
今回の寒冷蕁麻疹でいえば、氷から落ちた水滴で発疹するか
確認してみてください。

寒冷蕁麻疹だと決まった場合、対策は
「できるだけ寒冷刺激を受けない」ということなのですが、
実は原因になっている要素に「寒暖差」があります。
冷暖房だけでなく、ドライヤーの当てすぎなども原因になりますので
注意してみてくださいね!

現段階では、残念ながら根治の方法が見つかっておりません。
まずは「刺激を受けないこと」に注意してみてください。


次回は「そのほかのじんましん」のお話をします。


<いざ!審判の刻!!Black or White>
シーズン2は「医学トリビア」からワタクシが問題を作成しましたが、
先週めでたく10問正解到達者が現れましたので、
今回からは「その場で○×問題を出題、その場で解答・解説をする」という
新シリーズ・Black or Whiteをお送りいたします☆
今週の問題はこちら!
世の中には『おとこぎ』と呼ばれる遺伝子がある?
正解は!2006年、東大の野崎久義准教授が発見された遺伝子で、
雄にのみ働き個体を雄化させる遺伝子だと分かりました。


<語らNight… of Cutting Edge>
発表されて1週間以内の鮮度の高い論文を中心に、
世界の最先端をご紹介するコーナーです。
聴くだけであなたも、サイエンス通!

今回は「雇用を減らすことなく労災を防ぐには?」です。
アメリカのとある研究施設の発表によりますと、
労災を防ぐ最大のコツは「第三者(特に行政)の介入・監査
だそうです。自分たちの内輪だけでやってしまうからこその問題。
第三者が入ることで緊張感も増し、企業としても危険なことは
できなくなるので安全性が上がるということです。
まぁ言われてみればそうなんですが、実際にこうして
データで証明されると、改めて思うところがありますね。


<エンディング>
今回の『共通テーマで一問一答!』お題は
春気分でしたいことは?」です。
寝たい。じゃダメですよねぇ~。。
ピクニックetcってあんまり行ったことがないので行ってみたいです。
あと、釣り!やってみたいけどなかなか機会もなかったもので。。



お知らせ☆

『Medical語らNight!!』再放送中!!
拍手~~!!その枠は、なんと
毎週日曜日21:30~22:00だ! 聞き逃した方は、この再放送を要チェック♪
そして、今は月曜18:30~19:00も再放送中☆彡


というわけで
リアル・ブラックジャック度+テンションUPで
「これぞ君待明雄の30分だ!!」と楽しんで頂けるよう、頑張ってまいります♪

番組へのメッセージ、質問などは
mail☆fm-gig.net (☆を@に変えてね♪)
までお願いします♪

『Medical語らNight!!』どうぞよろしく☆
[PR]
by akky_kimimachi | 2012-05-26 23:00 | ラジオ情報
<< Medical語らNight!... Medical語らNight!... >>