Medical語らNight!! 第75回放送

とうとう今年も残り1クール、
2012年も総仕上げ。この番組も総仕上げ?
何かが起きる予感が満載な
第75回放送のまとめです。


<オープニング>
ついに100回の3/4、75回放送までたどり着きました!
これもひとえに皆様方のご声援のおかげでございます。
これからも変わらずにご質問に答えてまいります。
皆様のご質問がこの番組の支えです。
小さな話題でもどうぞお気軽に
メッセージをいただけたらと思います☆彡


<Medical語らNight!!>
今回のお題は語らネーム=野良野良猫さんからのご質問、
陽子線治療と放射線治療の違いは?」です。

陽子線治療も放射線治療もがんに対する
放射線療法の1種です。違いは使う放射線。

一般的な放射線治療は「γ線」(≒X線)を使います。
どちらも、通り道で放つエネルギーに応じて、その場の
細胞のDNAにダメージを与えます。
γ線は射出された直近が最もエネルギーが高いのですが、
ピークを過ぎても辺りにエネルギーを撒き散らしながら
消えていくという性質があります。ですから、射出も
病巣のすぐ近くから行う必要がある(多くは手術で開ける
or皮膚近くなら皮膚の上から当てる)んですね。
その代わり、病巣の後ろ側の正常組織にもそれなりに
エネルギーが放射されていますので、副作用が出てきます


陽子線治療では「陽子線(水素イオン線)」あるいは
「重粒子線(炭素イオン線)
を使います。
これらの特徴は、「エネルギー放射が打ち上げ花火みたい」であること。
つまり、射出されてしばらくはほとんどエネルギーを出さないまま
身体の中を進みます。一定進むと局地的にエネルギーを放出、
すなわち「爆発」します。
なので、ピンポイントにエネルギーを集中させることができます。
このため、副作用が少なく、また照射回数も少なくすることができます。
ただし、ピンポイントで狙いに行く必要があるので
患者さんひとりひとりに合わせた固定具などを
作らなくてはなりません。その分、費用が高くなります。

次週は75回突破記念!
Medicalアーカイブスとして復習を行います♪


<いざ!審判の刻!!Black or White>
「その場で○×問題を出題、その場で解答・解説をする」という
新シリーズ・Black or Whiteをお送りいたします☆
今週の問題はこちら!
『スモウ』『ハラキリ』『カクゴ』と呼ばれる遺伝子がそれぞれ全て
 この世に存在している。○か×か?

正解は
SUMOはユビキチンと呼ばれる、タンパクの分解を司る分子の
働きを調整します。
Harakiriは細胞が自殺(アポトーシス)する際に働く遺伝子です。
Kakugoはハチで見つかった遺伝子で、この遺伝子が働くと
ハタラキバチが「蜜や餌を集める」仕事から「攻撃する」仕事に
変化します。実はハチは1回攻撃(針を刺す)すると針が抜けてしまい、
死んでしまいます。なので「覚悟」なんですね(^^ゞ



<語らNight of Cutting Edge>
世界に発表されて1週間以内の最先端の論文を
ご紹介するこのコーナー。
今週は「人類への進化と食生活」です。
人類の祖先、アウストラロピテクス属から進化したのは
ホモ属(ホモサピエンス等)だけではありませんでした。
もう一つ、パランスロパス属というものも進化したそうですが、
こちらは同じ地域に住んでいてもベジタリアンだったということが
歯の成分に入っているカルシウムやストロンチウムという原子の
特徴で判明したということです。
ホモ属は雑食(メイン肉食)だったことを考えると、
当時は草食<肉食
だったようですね。


<エンディング>
今回の『共通テーマで一問一答!』お題は
この秋、できたらやってみたいこと」です。
そろそろ、1曲書きたいなと思っております。
BGM、それなりに聞き飽きていらっしゃるかなとも思いますし><


お知らせ☆

『Medical語らNight!!』再放送中!!
拍手~~!!その枠は、なんと
毎週日曜日21:30~22:00だ! 聞き逃した方は、この再放送を要チェック♪
そして、今は月曜18:30~19:00も再放送中☆彡


というわけで
リアル・ブラックジャック度+テンションUPで
「これぞ君待明雄の30分だ!!」と楽しんで頂けるよう、頑張ってまいります♪

番組へのメッセージ、質問などは
mail☆fm-gig.net (☆を@に変えてね♪)
までお願いします♪

『Medical語らNight!!』どうぞよろしく☆
[PR]
by akky_kimimachi | 2012-10-04 19:59 | ラジオ情報
<< Medical語らNight!... Medical語らNight!... >>